お客様の声

メールでのお問い合わせ

新着情報

オススメ工事メニュー

保田魂

求人案内

ホタコン会社概要

コンクリート系男子ホタくんのBLOG

お客様の声

H様邸 緑区

なかなかいい業者さんに巡り合えない。。。私の想いを実現してくれる会社にやっとめぐり会えた!

今回のお客様の声は、見積から施工、そして、完了した後でもコミュニケーションを沢山とらせていただいたお客様の声です。
したがって、Q&A形式ではなく、事例紹介のような形で書かせていただこうと思います。

業者選定から、見積、商品選び、工事期間、職人とのやり取り、そして、支払い、アフターケアまで。
リアルなホタコンの仕事の仕方と、お客様との信頼関係について書くので、参考になれば何よりです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

外構・エクステリアに想いが強いお客様。

そんな方々とお話していると、お客様の描いているイメージを実現してくれる業社がなかなか見つからないという声をよく聞きます。

何が欲しいですか?
なるほど、それでは、その欲しいものを作りますね。

そんなお客さんの声を素直に聞いてくれる会社がなかなかみつからない。

 

2019年の始め。Hさんは庭とエントランスの外観を変えたくて、

ネットサーフィンで、理想の商材とそれを実現してくれる業者を探していました。

 

このフェンスの形とか色合いっていいなぁ。
この手すりだと家の雰囲気に合うけど、今のアプローチに取り付けるのって可能なのかな。
そんな疑問に気持ちよく答えてくれて、ちゃんと実現してくれそうな業者さん。

そんな業者さんと巡り会うのが、思いのほか難しい。

 

施工業者を探し始めたのは、2019年の1月頃から。
ネットサーフィンで、良さそうだなって思う業者さんを2社選んで、見積を依頼しました。

 

結果は、残念ながら仕事を依頼するまでにはいたりませんでした。

 

その理由について、お客様に伺いました。

1社目の業者さんは、たまたま来た営業さんとの相性が合わなかったのかもしれませんが、

 

『私が事前に調べたイメージをお伝えしたところ、それよりもコチラの商品がいいと言いながら、私の要望に合わない提案を繰り返してました。それが、私の求めてる使い勝手などの機能面で適切であれば、使う側の立場を踏まえた提案として有難く思えたのでしょうが、質問に対する受け答えから、どうやら、会社として薦めたい商品を押し付けているのか、仕入れたことのない商品で段取りするのが面倒だったのか、そういった手間を惜しんでいるような対応でした。』


結局、私の考えていることを叶えてくれる業者さんではないなぁ。と、契約しませんでした。

2社目の業者さんは、地域密着型の工務店さんでした。

『デザインや設計に長けているのが分かるのですが、実際に暮らしたときのイメージや具体的な工事の仕方について伺うと、明確な答えが出ないので不安になってしまいました。
私としては、理想のカタチはイメージしているのですが、このイメージが実現できるのかどうかを業者さんに教えてもらいたかったのですが、何となく、この業者さんだったらイメージを形にしてくれると思えなかったのです。』

 

結局、私は、外構・エクステリアに対して、こういう風にしたいという具体的なイメージがあったのですが、それを叶えてくれる業者さんを見つけるのはとても難しいことだと知りました。
ということで、この時は、外構工事を請け負ってもらえる業者の選定を断念してしまいました。
ちょっと疲れたので、しばらくは考えるのを辞めてしまったのです。

 

月日は流れて、令和元年の夏がやってきました。

そろそろ、エントランスや庭のリフォームを進めたいと思い、

思い切ってポータルサイトでの見積依頼をしました。

ポータルサイトというのは、特定の業者のリストをウェブ上に集めて、
その専門職に対してニーズがある消費者とマッチングするサイトです。

例えば、外構・エクステリアの業者を探している場合は、
そういった業者を斡旋してくれるポータルサイトに見積依頼をかけると、
何社かの業者とコンタクトを取ることが出来るのです。

ポータルサイトに登録して、見積依頼をかけると、2社の専門業者さんが現地調査にきて下さいました。

恐らく、運と言うのもあるのでしょうが、私の場合は残念ながら、その2社とも契約にはいたりませんでした。
色々、外構・エクステリアに大きな期待を持っていたので、要望が大きいだけに、その想いを汲み取ってくれる業者さんではないのだと考えてしまいました。

まず、ポータルサイトから見積にいらっしゃった一軒目の業者さんは、おしゃれで、景観のいい外構プランを提案するような会社で、若い営業さんが対応して下さいました。
どちらかというと、デザイナーとかプランナーに当たる方だと思います。
私が伝える要望に対し、景観を重視した素敵な提案をいただきました。
でも、それは、私が持っているイメージにマッチしていませんでした。

私が知りたかったのは、素人の私が、自分なりに調べて、イメージに合う理想の景観を実現したいと思っていて、
実際に、職人さんや会社がそれを実現してくれるかどうかということです。
私は、こんな手すりをつけて、フェンスも取り付けて欲しいけど、リフォーム工事なので、
実際に工事が始まると、現状の庇や柱の位置だとか、道路境界に干渉したり、構造上の欠陥がないかなどの、
プロの目で判断して欲しかったのです。
私がその業者さんに発注しなかった理由は、実際に工事を依頼した時に、出来るイメージが共有できなかったからです。

ハウスメーカーやリフォーム店、工務店さんは会社が大きいほど、部署に分かれて分業しているので、
営業(セールス)の方が最初に話にきて、発注するとプランナーとか企画の方が改めてヒアリングして、
現場監督や代理人が実際の工事を管理しているようです。さらに、実際に工事を行うのは職人さん。

私が、営業さんを信頼して工事を発注しても、工事をする人にその想いが伝わらないと欲しいものが手に入りません。
売り手と作り手の間に知識の差があると成立しないし、少なくともそこが不安になると怖くて契約できません。

結局、ポータルサイトに紹介していただいた2社とも契約を結ぶ勇気がなくて、またまたエクステリア工事を断念してしまいました。

 

外構・エクステリアの業者さんを見つけるのって、こんなに難しいのだな。。。
って、もちろん、私が無理難題を押し付けているのかもしれないって反省もしていたのですが、
そんな時期に、ふと、数年前に見積依頼をしたホタコンさんの名前が頭をよぎりました。

実は、我が家を新築した当初、建物の外回りについては、家を建てていただいた建築会社さんとは別の業者さんに見積をしてもらっていました。

地形が複雑な時、ハウスメーカーさんでも対応が危うかったり、計画段階で見落としが多くて、後からビックリするような追加工事が発生する可能性があるようです。

 

 

限られた時間の中で更新していきますので、

少々、お時間いただきます。

 

出来るだけ毎日追記していきますので、よろしければフラッと見にきて下さいね。

 

gallery

※クリックすると画像が拡大されます。

ホタコン会社概要