オススメ工事メニューランキング

メールでのお問い合わせ

新着情報

オススメ工事メニュー

保田魂

求人案内

ホタコン会社概要

コンクリート系男子ホタくんのBLOG

オススメ工事メニューランキング

新築外構

新築物件の外構をご発注いただくケースがあります。

 

ハウスメーカーとの契約の時点で、相見積として呼ばれることもありますし、

既に、建築の引渡しを終えている状態で呼ばれることもあります。

 

今回のケースは、身内・知人というパターンですが、そういう場合は、

建築会社との契約の時点で、外構の会社は知り合いに頼みます。と話をしてもらいます。

 

一応、建築会社も外構工事の提案はしてくれるので、

そういう場合は、建築会社さんの提案に合せて、ホタコンも見積をします。

知り合いだろうと、お金がかかることならば比較検討して、

よりよい買い物をしてもらわないといけませんよね。

 

ホタコンに任せます。

と、言っていただくことができると、

改めて、ホタコンがお客さんの予算やイメージに合せて、見積の再提出です。

そして、建物が建った後も必ず確認して、プランを再確認します。

 

さて、工事が始まりました。

他の業者も同じだと思いますが、現場は基本、職人主体で動きます。

ホタコンの現場管理は、材料発注、工程管理、安全管理、マナーの徹底などです。

その辺は、他の業者と大差ないと思いますが、

ホタコンの心がけていることで、他者との差別化を計っているのが、

 

『職人さんたちが働きやすい環境を提供すること』です。

 

これって、結果としてはお客さんのためになることだと思うんです。

だって、やりがいのある現場を任された職人さんだったら、

一生懸命、工事して自信持って作品づくりに励みますよね。

 

でも、色んな会社と取引していると、現場管理だからって、

職人さんに負荷を与える会社もあることがわかります。

 

それは、

単価が安すぎて職人が材料費や施工手間をケチらないといけないような場面だったり、

お客さんの言う事だから全部聞かないといけないという理屈で、無理な工期で進めたり、

お客さんに対する説明不足から発生する追加工事をついで工事にして職人に負荷を与えたり、

現場で実際に手を動かす職人さんの言うことより、自分の考えを一方的に押し付けて現場を混乱させたり、

お互い様をしないで、お客様の都合や他業種の仕事だけ優先させて工事を一日に何度もストップしたり、

一昔前の職人なら途中で帰ってもおかしくないんですが、

最近の職人さんたちは優しいから、グッとこらえてくれるんです。

でも、こらえてこらえて作る作品なんて、最良の作品とは言えないですよね。

 

ホタコンの考えですが、

職人さんはアーティストに近い存在だと思うんです。

ホタコンのプロデュースで、お客さんを喜ばせたいと思ってます。

 

 

パース図は描けないので、デザインはそんなに凝ったことが出来るか自信ないのですけど、

知識と経験を蓄えて、お客さんと職人、そして、間にホタコンがいて、

それぞれの想いが相乗効果になって、素敵でいつまでも満足できる工事を目指します。

 

行政に目を向ければ『働き方改革』、

業界に目を向ければ『人手不足』、

社会に目を向ければ『コンプライアンス』、

世界に目を向ければ『SDGs』

 

今の時代、これからの時代を見据えて、

外構工事を通したよりよい生活のご提案をできればと考えています。

 

是非とも、お気軽にお問合せ下さい。

 

お問合せフォーム

gallery

※クリックすると画像が拡大されます。

ホタコン会社概要