お客様の声

メールでのお問い合わせ

新着情報

オススメ工事メニュー

保田魂

求人案内

ホタコン会社概要

コンクリート系男子ホタくんのBLOG

施工事例

擁壁(フェンス基礎)

南区

敷地境界を仕切る方法は、ブロック+フェンスであることが多いのですが、

お客さんの要望で、強度の高いコンクリート擁壁での施工をさせていただきました。

 

この敷地を有効活用するために、向かって左側と奥の2方向の境界に擁壁を立てます。

向かって右は、お施主さんの家です。

まずは、丁張です。

計画している擁壁の通り(位置)と高さの基準を決めています。

土をすきとって、砕石を入れます。

プレートという振動する機械で地盤を締め固めます(路盤工)。

ステコンといって、5㎝程度の厚みで生コンを打って、

地盤を平らにして、そこに墨で位置を描く墨出しを行います。

その後、型枠の建て込みです。

隣の家の敷地にブロックがあるので、型枠の建て込みに工夫が必要でした。

先に片面を固定してから、底版のコンクリートを打設して、

そのコンクリートの上に反対側の型枠を立て込む段取りです。

立上りの鉄筋と型枠が組み終わりました。

コンクリートを流し込むと結構な荷重がかかるので、

型枠はしっかりと固定されています。

引っ張る力、支える力、突っ張る力など考えて組まれています。

コンクリートが固まって型枠をバラしました。

埋戻しをするところまでが、擁壁工事です。

駐車場だと、砕石敷きやアスファルトなどの舗装をしますが、

今回は山砂を敷き均して転圧して仕上がりです。

 

空いている土地の利用でお悩みの方、

ホタコンにご相談下さい。

 

問い合わせ

 

ホタコン会社概要