お客様の声

メールでのお問い合わせ

新着情報

オススメ工事メニュー

保田魂

求人案内

ホタコン会社概要

コンクリート系男子ホタくんのBLOG

施工事例

新築外構工事

名古屋市北区 О様

このホームページを見られたお客様から、

新築戸建の完了後に、外構工事の見積を依頼していただきました。

引っ越しされたばかりで、計画もこれからとのこと。

道路(歩道)に隣接しているので、ブロックなどで境界をはっきりさせたいのと、

駐車スペースは土間コンクリートで、アクセントが欲しい。

お話している中で、木目調がお好みであることがわかり、

機能門柱なども擬木を使った製品を選択されました。

 

お見積りをお渡しして、内容をお伝えしたところ、

数日内にご連絡をいただき、正式に発注して下さいました。

 

改めて、計画図から変更点などのご要望を伺いにいきました。

 

現場の様子も確認しながら、工事の段取りも同時に始めたので、

フェンスなどの工期の後半で行う工事に関しては、変更可能ということで、

現場の進み具合をみて、その都度、見積変更をさせていただくということで、

最初の契約を交わして、着工しました。

 

まずは、ブロック積から、

 

 

今回、境界の杭が仮で布設されていたため、正確な境界が把握できないとのことで、

地積図と仮の杭などから、越境しない安全圏内でブロック位置を確定させました。

ブロックを積み終えたら、そのまま、埋戻しと同時に整地作業です。

建物裏の犬走りに室外機を置く予定があり、先に、砂利敷きをする必要がありました。

 

室外機を置く日程が決まっていたので、お見積りから、ここまでの作業はスピード勝負、

その後、建築側の設備屋さんが入ったり、ホタコンも他の現場があったため、

数日、間を空けさせていただきました。

その間に、計画の確認と変更、製品の色などの取り決めです。

そして、土間コンクリートの段取りです。

 

 

 

先に、玄関前の洗い出し仕上げの様子です。

土間コンクリートを打設した後、薬(剥離剤)を吹きかけます。

翌日になって水で洗い流すと表面のセメントが流れて、骨材である砂利が姿を現しました。

お客さんが住んでみえるので、コンクリートの刷毛引き仕上げにする駐車場部分と別の日に施工しています。

 

 

 

  

土間コンクリートの打設が終わると、

いよいよ、外構工事のカタチになってきます。

 

  

フェンスや機能門柱、車止め、サイクルラック、ブロック笠木などを取り付けて完成です。

 

景観と機能性に配慮して、工事を進めながら細かな点を変更しながら、

時には職人とも相談して進めていったので、お客さんもしっかりイメージを持ってお話出来ました。

 

終わってから、お礼のお手紙もいただき、施工した業者としても感謝感謝のお仕事をさせていただきました。

株式会社ホタコンが、『一緒に考える外構工事』を大切にしていこうと思えた経験です。

ありがとうございました!

ホタコン会社概要