お客様の声

メールでのお問い合わせ

新着情報

オススメ工事メニュー

保田魂

求人案内

ホタコン会社概要

コンクリート系男子ホタくんのBLOG

施工事例

お庭のリフォーム『植栽を撤去して、土間コンクリートの駐車場を新設しました。』

尾張旭市

今回、ご紹介するのは、庭のリフォーム工事です。

中古で戸建てを購入された時に、

車を止めるスペースが無い場合があります。

庭を解体して駐車場にする。

当然、高額な工事費用がかかります。

そして、何よりまっさらな土地に新設するよりも、

既存の塀や土留めなどを活用しながらとなると、

かえって計画が難しくなります。

そんな時には、ホタコンにお声がけ下さい。

お客様に対して、業者や職人の立場も伝えますが、

お客さんにとって一番良い計画を一緒に考えます。

WIN−WINであることが大事だと思います。

職人がやりがいを感じて働くことで、

現場が活気付き、ひいては、お客さんにとっても満足のいく、

出来上がりが期待できます。

 

さて、工事の様子を時系列に見てみましょう。

 

まずは、この写真。

道路とお家の間に樹木が沢山植えてあるお庭があります。

実は、庭師さんからの紹介で依頼のあった案件です。

色んな樹木があって、定期的に剪定されてるのがわかる立派なお庭ですね。

 

でも、今回は、このお庭を改修して、駐車場にしたいというご希望でした。

 

実は、こういった案件は結構、株式会社ホタコンにもよくきます。

贅沢なお庭を持つことよりも、実用的な外構が必要とされているのでしょうか。

よくあるのは、子どもさんが大きくなって車を買う時期、

駐車場が必要になって、お庭をなくしてコンクリートの駐車場にしたい。

とのお話が多いのです。

 

さて、今回、モデルになっているお宅では、

依頼主のお嬢様が購入した物件で、

音楽教室を始めるために、生徒さんや送り迎えの親御さんの車を止めるスペースが必要とのことです。

 

お見積の際に、気をつけたいのは、

実は、樹木の伐採だけではなくて、土の搬出に伴う諸々のことです。

建物と道路の高低差で土を掘って捨てないといけないことは想像がつくのではないでしょうか。

そして、土を掘ると色々なものが出てきます。

当然、木の根っこは撤去しますが、庭石とか昔、何があった土地かで、産業廃棄物なんかが出てくることもあります。

今まであったのは、コンクリートガラ、瓦、絨毯、ゴミなど。。。

工事を依頼する際には、こうした地中埋設物が出た時の予算についても予め話しておいた方がいいかもしれません。

 

また、写真にある通り、

雨水や下水、ガス、電気などの設備に関わる配管などが出てくる可能性が高いので、

リフォームの際は気をつけておいた方がいいです。

もし、新築の時の図面などがあれば、見積の時点で業者さんに相談して欲しいところです。

 

樹木やブロックを撤去して、土も出して、

設備配管工事も終わって、ようやく、ブロック積と土間コンクリートの打設が終わりました。

フェンス立てたり、プラチェーン取り付けたり、スポットライトを付けて、

工事完了!

工事を進める中で、色々なご要望を伺いましたが、

やはり、お客さんからしてみれば、最初の計画がカタチになってくることで、

ようやくリアルなイメージが沸いてくるものです。

その都度、見積し直しながら、納得の行く、満足できる工事にしていきます。

 

さて、みなさん、見積の段階である程度使えるお金の上限って考えてますよね。

予定よりリーズナブルだったと感じたら、何でも相談して下さい。

余った予算で買い物すれば、より快適な生活が手に入りますよ。

 

 ⇒ 

この写真は、木材で作られた濡れ縁が古くなり、気にされてたとのことで、

新たにアルミ製の濡れ縁に取り替えたところです。

 

気になっていても、なかなか手付かずだったこと。

雑談の中で、快適な環境づくりのお手伝いができたら、私も嬉しいです。

ホタコン会社概要