お客様の声

メールでのお問い合わせ

新着情報

オススメ工事メニュー

保田魂

求人案内

ホタコン会社概要

コンクリート系男子ホタくんのBLOG

施工事例

看板基礎工事

浜松 複合施設

看板基礎工事の様子を写真に納めました。

工事の手順に合せて見て下さい。

看板が建つ前の様子です。

花壇の中に高さ10mほどの看板を建てる予定です。

 

まずは、花壇を撤去しました。

樹木と土を取り出して、ブロックやアスファルトの一部も撤去します。

 

掘削残土は、工事の最後に一部戻すので、トン袋で保管します。

地質調査の結果、看板基礎の下の地盤を補強するため、改良工事を行いました。

機械をセットする前に、土を成形します。

機械の先端はこんな感じ。

回転しながらもぐっていきます。

今回は、看板基礎の位置を確認して、基礎下から何mを改良するという指示があり、

それとセメントミルクの配合に合せて、杭を上下させながら改良しました。

水とセメントミルクを混合して、圧そうする機械もあります。

柱状改良を6本打設しました。

改良工事の後、花壇の中での作業ということで、簡易土留めで養生して、

ステコンを打ち、看板の柱を受けるアンカーセットの工事です。

鍛冶屋さんと一緒に正確な位置出しとコンクリートの打設時にブレないようしっかりと溶接します。

鉄筋は設計図に合せて。

この看板基礎のすぐ横に用水があったため、水溜まりが出来てしました。

水中ポンプを使って、水をはき出しながらの作業です。

位置を出すのにも苦労しましたが、アンカーセットと、水糸を使って何とか切り抜けました。

水溜りのために型枠が浮いたり、1面は型枠が入らない状態で、

コンクリート打設時も時間をかけてゆっくりと。

どうする?どうやる?を繰り返しながら

何とか、立ち上がりのコンクリートまで打設できました。

見えないところで職人さんの機転や苦労が助けてくれます。

 

無事に完成!

看板は見られてなんぼですが、

普段は見えないところに基礎があります。

 

ちなみに、この花壇に使われている化粧ブロックは、

幅50cmというレアな代物。

調べた結果、九州にあるメーカー品でした。

わざわざ、九州から取り寄せました。

 

何気なくそこにある物が、

実は、様々な課題を与えてくれます。

 

みなさん、土木工事は概算で見積りますが、

実際にやってみると予測の出来ない世界です。

 

必ず、現地での打ち合わせを怠らず、

慎重な計画をしましょう!

ホタコン会社概要